学校のこと。

日本にいるときに、「子どもたちは現地の学校に行かせようとおもいます。」
といっていましたが、結局現地校ではなく日本人学校になったいきさつについて。

なんで当初言ってたとおりじゃないの?とお聞きくださった方がいらっしゃるので(笑)

簡単に言うと
・本人の選択(特に長男)

というところです。

12歳に関しては当初日本にいるときはいろいろ話しあって、現地校でいいよ~と
言ってましたが、実際こっちにきてみてあまりにもフランス語がわからないので現地校は無理
と自分で判断した次第です。
5歳に関しては12歳が日本人学校に行くのならあわせたほうが混乱もないだろう
ということが理由です。

日本の小学校の先生にも言われていましたが、「(長男)本人に選択させてあげてください」ということもあり、「最終的に実際に見て、考えて本人が決めた」日本人学校にしたわけです。

日本人学校ではフランス語の授業もあるので少なくとも私よりフランス語を理解し始めている
長男ですが、彼は意外と繊細な人なので、ある意味ベストな選択だったのではないかとおもっています。

親は子をおもって考えていますが、子は親以上にいろいろ考え答えを出すことができるように
なっているなぁと親ばか風に感心しています。

2012年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログ記事について

このページは、さりぃが2012年9月29日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いろいろ回った♪」です。

次のブログ記事は「百貨店・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.22-ja