フランス生活の最近のブログ記事

前回ここに書いてから大分たっちゃったな~と思ったら、半年も過ぎていた・・・

大変ご無沙汰をいたしました。
何とかやっとさくさくと生活ができるようになったな~と思ったら、
もうそろそろ帰国のことを考えなくてはいけません(泣。

そしてその矢先に、フランス移民局からフランス語学校に行きなさいという手紙をもらいました。
もう・・帰るのに・・・・。
というわけで、5月の24日から通い始めました。
しかもカリキュラムの途中から。
少し他のフランス語会話教室に通っていたとはいえ、他の皆さんは普通にコミュニケーションが取れる程度の会話力。
そして、私は幼稚園児以下・・・・。

もちろん先生の説明もフランス語なので、わかってません。
面白いことに、お隣に座るマダムは問題の書いてあるプリントを渡されると、
「c'est fini?(終わった?)」と聞いてくれて、「Non...」と答えると答えを説明してくれます(笑)
逆もたま~にあります(笑)。
こんな感じでわからないけど初日から楽しく授業を受けてます。

金曜日にきてくださる先生はいつもの先生と違う人で、とても難しそうな人でした。
私があまりにも言葉を発しないので、帰り際に、「La semaine prochaine, tu parles bien.(来週あなたはしゃべりなさい)」といわれちゃいました(しくしく
隣の女の子もぜんぜんしゃべらなくて、先生にあてられたのにしゃべらなかったからお目付けされちゃったかも・・・。
先生はしきりにしゃべらないと上達しないとおっしゃってたけど、たしかにそうだよねぇ・・・
でも、授業中あてられちゃうと、頭真っ白になっちゃうんだよねぇ・・・・(号泣。

下にちょっと悲しい記事を書いておりますが・・・

新年を迎えられた皆様おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
えっと、ブログ切れ切れですみません(汗)。

今年の目標。
子ども達の卒園、卒業に合わせて大判のショールを間に合わせること!。
そういや、自分が着用するものってほとんど作ってなかったなぁ。

最近家族に良く笑うようになったといわれました。
というよりも旦那さんにちょくちょく笑いの神様が来てるようです。

先日も移民局呼び出しの健康診断に行くときに、
地下鉄内で、折りたたみ傘の柄の部分を発射(?)させて
地下鉄の天井にあたるという事件を起こして、他の乗客の皆さんにくすくすと
笑われて帰ってきました。
私が持って歩いているときもしばしば柄が飛び出ることがありましたが、
さすがに発射することはありませんでした。

これを聞いて情景を思い浮かべたらしばらく涙が止まらないほど
つぼにはまってました。
一人でこの状況だったら、さすがにちょっといやだなぁと。
(実際旦那さんは一人でこの状況だったんだけど・・・・)

というわけで、パリで買った折りたたみ傘第1号は壊れてしまいました・・・・。
しかしこの傘5ユーロもしたのになぁ・・・
こう考えるとやっぱり日本の技術ってすごいや。
100円ショップの傘でさえこういうことはあまりないだろうと・・・・(汗

おまけ
今日の夕食(1月1日)
・ローストビーフ(ルッコラ添え)
・パン屋さんのフランスパン
・チーズ
デザートにガレットデロワをいただきました。
なにやら、1月1日にこれを食べないとフランスの人は1年が始まらないというので、
興味津々の旦那さんがめずらしく「これ食べてみたい」というので、お近くの
パン屋さんで購入。
なにやら、中に陶器でできた人形が入っているらしく、切り分けて食べていって、
それがあたった人にはどーたらこーたららしいです。
詳しくはWIKIへどうぞ(←マテ

しかし、これ切ってる最中に包丁に当たっちゃいまして・・・・
そういう時っていったいどうするんだろうかと・・・・orz
結局は5歳くんのところへ行ったんですけどね(笑)。

ちなみにお味は、甘さ控えめのパイで大変おいしかったです。
やっぱりバターがたっぷりだからなのかな~。

年末のご挨拶。

今年も一年お世話になりました。
いろんな意味でターニングポイントを迎えているんだなぁと
いやおう無しに考えさせられる年になりました。
人生40年を超えて平均寿命でいうなら半分をやっと超えたと
言うところですが、人生何があるかわからないので、
自分の道をしっかりと踏みしめて進んで行きたいと思います。。

たくさんの出会いに感謝。
そして、家族、友達、私にかかわってくださった皆さんに感謝。

来年は、とうとう長男が中学、次男が小学生というステップ
アップの年です。
二人に負けないように私ものんびりながら進みます。

また来年も変わらずよろしくお願いいたします。

おまけ
フランスでの年末年始はクリスマスが最大ピークという感じがします。
本当は25日の0時に教会に行きたかったのですが、さすがに
子どもをおいていくことができず断念・・・(残念

ちなみにまだ町飾りはクリスマスのままです(笑)
なんというか、キリストの生誕が節目というのが根付いてるんでしょうね。
紀元前、紀元後みたいな・・・。

今年のフランスは異常気象なのか・・・・この時期になっても10度を超す日が
続いています。大変すごしやすいですが、乾燥度が半端じゃないです(汗。
日本ではノロウィルスがはやっているようですが、皆さん手洗いうがいを欠かさず
体に気をつけてお過ごしください。

というわけで久々ブログアップ。

とりあえず元気にやってます。
結構ハードルの高い小売店ものぞきに行くようになりました。
言葉は通じないけどみんな優しいのでボディーランゲージでなんとかやってます(笑)

フランス語会話教室に通い始めましたがやっぱり語学苦手・・・orz
単語の発音は先生が言ったようにできるけど、文章を作れって言われるとOUT

生活のほうは、大きなスーパーが見つかったことで大分落ち着きました。
この間はシャワーホースが壊れて、自分でホースを買いに行きなおしましたよ。
フランスは業者に頼むとすごく時間がかかるので、自分で直したほうが早い(笑)。

DIYショップに行くと家1軒リフォームできちゃうね?ってくらい品揃えがすごいです。

12月に入ったとたんクリスマスムードがたっぷりになってきました。
近所の花屋は生のもみの木を売り出しました。
ツリー飾りどうしようかなぁ・・・・
大家さんが電飾をおいていってくださったんだけど・・・(笑)。

昨日は雪が少し降りました。
最近は夜の時間が長いです。夜が早く来るという感じではく、朝が明るくなるのが遅いという
感じがします。
でも朝は時間が待ってくれないので、6時から弁当作ってと忙しく、次男の朝食作って
幼稚園まで送ったら明るくなってきたね~って感じです(笑)

ちょっとゆっくりできる時間ができたので、次は小包を送る箱を郵便局に買いに行きます。
フランス語会話の先生に買い方を教わってからいけたらいいな。

便利な世の中だなぁ。

またちょっと黙っているうちにいろいろと問題を勃発させている我が家です。

今回はかなりあせった。
なにせ、トイレが詰まった・・・・
原因はわかっている。トイレ洗浄用についていたプラスチック容器が流れて
しまったらしい。

そしてますます困ったことにその日は日曜日だった。
フランスでは労働者を守るための法律なるものがあるらしく、
「(基本)日曜日は労働者を休ませること」というようなのが労働法というのにあるらしい。
昨今は消費者のニーズもあるので、日曜日に店を開けているところもあるのだけど、
それは必要な機関に届出が必要だったりとか、業種によっては特例があるとかなんとか・・・
むずかしいのでこの辺で。

決して調べるのが面倒になったわけじゃ(げふんげふん)
これをいろいろ調べるのに旦那さんと夜通しインターネットのお世話になったとか言わないですから。

話は戻って、まず何とかちょろちょろと流れる状態だったので最悪の場合を除いては
とりあえず使えると。
ただし、一応心配だから夜中以外は外の公衆トイレ使おうね状態。
我が家仏式4階(日本で言う5階に相当)しかもエレベーターなし。
というわけで、気を取り直して家にいるとトイレ使えないし、近くの公園まで散歩がてら、
DIYショップがどこにあるのかすぐにいけるように捜索(笑)

日本で言う「クラ○アン」的なところを探してもフランスだからすぐには来ないだろうね~と
言うことで、自分達で何とかしようと考える。
世の中便利なものがあるわけです。ブラシ付配管掃除用ワイヤーってものがある。
日本語ではすぐに検索ができるけど、フランス語でなんつうんだ???

というわけで、旦那とPC2台導入して検索。
さがせどもさがせども出てこない・・・・それ・・・・(しくしく
検索してトイレのつまりを解消する方法、「強力な薬剤と熱湯を入れて溶かす」とか
かなり怖い方法が出てきたり。

しかし、そのワイヤーなるものは万国共通のはずという信念のもとにさがしたら出てきた!!!
ブラシとか、ワイヤーとかっていう単語・・・ないじゃん!!!!

答え「フェレット」
なんとなくあ~・・・・ってなってしまった。
たしかに配管を駆け回る動物的な感じよね~と。

そして、DIYショップのオンラインサイトを見つけて商品検索をしたら一発で出てきた。
あ~。インターネットって便利だなぁ。
昔、留学とかしてた人ってどうしてたんだろうか。

というわけで、月曜日早々にその例のぶつを購入し
(もちろんインターネットのページを印刷して一目でこれ探してるのよとわかるように用意)、
いざゆけフェレット!とワイヤーでごしごし。
ものの5分もしないうちにトイレ開通・・・・・「え?」の状態。

結局流れたとされるプラスチック容器は見つからず。(流れちゃったのかも;;)
今回はこれの購入に22ユーロ程。業者さんに頼んでいたらいくらかかったんだろう。
またひとつ、暮らしのスキルがあがった・・・・気がする。

ちなみにこのフェレットを導き出すまでの時間・・・・4時間(号泣)

今日も一人で買出し。長男が必要なノートをjunkudoまで買いに行ってきた。

いつもなら決めたお店に決めたルートでまっしぐらになるところを
ちょっと寄り道することができた。
monoprixという大きなスーパーがこんなところにあったんだぁ・・・
といままで何度も通った道で気づいていなかったり。

帰りにマルシェが出ているのに気づいた!
しかし、かなり激しい雨が降ってきてしまったので今日は断念・・・・
次は土曜日にマルシェがあるらしいのでぜひ行きたいな。
ここのマルシェはパリでも有名らしいです。
iena駅からAlma-Marceau駅まで続くマルシェです。

そういえば、同じマンションにお住まいのおばあちゃんに
「コマンタレヴー?(Comment allez-vous?)」と声をかけられたのだが・・・
お返事を返すことができなかった(泣)
旦那さんに家に帰ってきてから聞いたら
Je vais très bien(ジュヴェトレビアン)って返すんだよって教わった。
覚えておかなくてはいけないね。
でも、調子よくないときはどうやって答えるんだろう・・・・(汗
あとで調べなくちゃ;;

う~ん・・・

携帯から直接写真をUPしたかったけど、うまくできなかった・・・
またゆっくり考えるとしよう・・・orz

DSC_0195.jpgのサムネール画像

日本にいたときは使用済みプリペイドカードを使ってゲージを作っていましたが、
こちらにはあまりないので、毎日出る使用済み切符を使ってます。
幅が3センチと手ごろサイズだったのでいいのかも(笑)
ただ、それ以上大きくなったときに、どうするか考えないとねぇ・・・・
切符を縦にして使うか・・・・(汗

やっと一人でお出かけリベンジ!

日本食材の店に行ってきた。
やっぱり道に迷った(マテ。
乗り換えのある駅だったけど、地下鉄は順調だったのにな~(笑)。

無事に、大根とかニラとか白菜とか買って来た。
豚肉も骨付きだけど1キロ5.9ユーロ(約600円)でした。
早速夕飯用にことことを煮ようとおもいます。

子どもたちにどら焼きと歌舞伎揚げもお土産に買ってきた。
特に12歳くんは和菓子が好きなのに、なかなか手に入らなくてちょっと
しょんぼりしてるので、これで元気になるといいな。

あと、レース糸を売ってる店を見つけた。
たくさんの編み図や本があったけど、タティングの編み図は「Non」と
言われてしまった。
がんばってメモに書いてお店のマダムに聞いてみた。
もちろん自分の発音だけじゃ心配なので、メモを見せて(笑)
今日は荷物がたくさんだったからお試しに糸を2玉買って来た。
再び久々になってしまったコットン糸だけど、大丈夫かな~(汗
明日、小学校のお祭りの事前準備のお手伝い担当なので、
移動中のバス(学校行きのチャーター)で手遊びできるといいな♪。

Temps du jour :Il pleuvait → Il fait beau (今日の天気:雨が降っていました → 良い天気です)

百貨店・・・

幼稚園児のほうがフランス語覚えるのが早い。
小学生は週に数回(選択語学も含む)フランス語の授業があるので、とても覚えが早い。
これで家にテレビが来たらもっと早く覚えそうな感じがする・・・

というわけで、おかんもおかんなりにお勉強。
(近々移民局から語学学校に行きなさいといわれるかもしれませんが・・・)

今日は百貨店に行ってきました。
Itarie2(イタリードゥ)というところ。
イタリー広場という駅の近くです。

ここは子ども服が多く入っているところのようだったので行ってみました。
今週の木曜日に5歳くんの農園遠足があり、フードつきのレインコートが必要といわれました。
・・・・・・
もってこなかったよorz。
直前まで入れようと用意しておいて忘れてきたなんていえないよ(号泣)。
とてもかわいい。5歳くんも気に入ってくれたようでよし。
正直、そろいの大人用があったのだけど、私もほしいくらいだった(笑)

そして、12歳くんのズボンのベルトを購入。
70センチのベルトを買ったけど、意外とぎりぎりになっていて彼は最近太くなった。
(といってもやっと標準に近づいてるだけなんだけど)
たしかに、ご飯も2人前近く食べるしなぁ。足のサイズも気づいたら26センチとか・・・・
私より大きくなってる@@。

次に私のベルトと、旦那さんのスーツ用のベルトも購入。
旦那さんは、スーツのベルトを忘れてきてしまったので・・・・(汗。
私は今までのジーパンが2インチ分大きくなってしまったので、
また太るだろうということで、ジーパンを購入するのではなく、ベルトで対応(笑)。
まぁ、毎日階段3往復以上してるのだから今まで動かなかったことを考えたら、
当たり前ったら当たり前(笑)。
さすがに、腰を通り抜けてしまったので、これはいかんとあわてて買った次第。

あと、小学校に行く際の内履き用の靴を購入。
今週末に学校に何回か行くので、急遽そろえた。
時期的にバーゲンが始まっていたので、よかった♪。

雰囲気的には大型ショッピングモールな感じ。
帰りにカルフール(食材売り場)に行って、お弁当の材料などを買って帰った。

ひとつ物を買うのに、日本だったらさくっとみてさくっと買えるのに、
単語がわからなくて、電子辞書だしたり、タグにサイズ書いてないか調べたり・・・
どこに何がおいてあるかわからないので、いろんな店を渡り歩いてみたり。
レインコートにいたってはサイズがぜんぜんなくて、店員さんに確認をしてもらったら
(旦那さんに)在庫としてはあるといって、おくから探してきてくれる状態。
必要なものは店員さんに「○○ありますか?」と聞いたほうが早いんだなとおもった。

おまけ。
小さい子どもの服を買うたびに店員さんに聞かれる。
弁当箱はいるのか?マフラーや手袋はいらないのか?と・・・
まるでマ○クの店員さんのように(笑)。
入園シーズンだからなのだろうか??

Temps du jour : Il fait beau (今日の天気:良い天気です)

学校のこと。

日本にいるときに、「子どもたちは現地の学校に行かせようとおもいます。」
といっていましたが、結局現地校ではなく日本人学校になったいきさつについて。

なんで当初言ってたとおりじゃないの?とお聞きくださった方がいらっしゃるので(笑)

簡単に言うと
・本人の選択(特に長男)

というところです。

12歳に関しては当初日本にいるときはいろいろ話しあって、現地校でいいよ~と
言ってましたが、実際こっちにきてみてあまりにもフランス語がわからないので現地校は無理
と自分で判断した次第です。
5歳に関しては12歳が日本人学校に行くのならあわせたほうが混乱もないだろう
ということが理由です。

日本の小学校の先生にも言われていましたが、「(長男)本人に選択させてあげてください」ということもあり、「最終的に実際に見て、考えて本人が決めた」日本人学校にしたわけです。

日本人学校ではフランス語の授業もあるので少なくとも私よりフランス語を理解し始めている
長男ですが、彼は意外と繊細な人なので、ある意味ベストな選択だったのではないかとおもっています。

親は子をおもって考えていますが、子は親以上にいろいろ考え答えを出すことができるように
なっているなぁと親ばか風に感心しています。

いろいろ回った♪

行ってきました。ルーブル美術館。
ただ、今回はほかの用事もあったので、地図のわかる旦那さんに場所を教わっただけ(笑)
ちなみに、中庭はステージの設置作業なのかな?撤収作業なのかな?してました。

なにせ、家からの駅名は覚えたけど行く先行く先フランス語の駅名なので(あたりまえ)
頭に入りません(汗。
なので、一回一回メモに書いて、どこどこの行きかたとまとめていかなくてはいけません。
バスでも地下鉄でも乗換えがあるのでポイントを覚えていけばいいんだろうけど、
どっかに日本みたいに乗り換え案内のページあるかな~?探してみよう(笑)

今回はルーブルがメインではなくて、フランスで作った銀行のカードができたので、取りに行きました。
日本のように配達はしません。たしか、携帯電話もそうだったな。
中が抜かれちゃうんだって(たまに)。

そして、ルーブルと銀行のそばにあったのが「ラ・ドログリー」です。
ここも行き方を覚えました。
お試しにオリーブ色とちょっと若い緑の色の2色の毛糸を買ってきました。
旦那さんは、糸だまを作る作業が珍しかったらしく、女性の店員さんになにやら話しかけながら
「おぉ~!!」とか言ってみてました(笑)

首元が寒いので、「クロバー株式会社」のサイトで見つけたフラワーアフガンクロッシェのネックウォーマーを作ろうとおもいます。
毛糸少しあまったら、一緒にアームウォーマーも作りたいな。

今回棒針のセットは持ってこなかったんだけど、かぎ針はアミュレのセットを1つ。
そしてレース針のセットと、タティングの道具は持ってきたので、手仕事には困らなさそう。
ただ、布物はちくちく手縫いなので大変です。(たいそう服袋とか弁当袋とか・・・)

今度は本の専門店があるらしいので(学生向けなのかもしれないけど)そこに行ってみる予定
です。
前に一度長男の足りない教材をそろえにいったんだけど、あまり時間がなくて自分の見たい
本が見られなかったので、ゆっくりいける時間を考えていこうとおもいます。

昨日の続きw

引き続きスーパーネタ(笑)

なんつうか、私自身がスーパーに行く回数が多いからネタが(汗
今日は豚のかたまり肉を買ってみた。
1.2キロほど。お値段は10ユーロ弱(日本円にして1000円以下)

きちんとタコ糸で処理をされていて後は味付けしてオーブンで焼いてね~って
感じになっていた。これでこのお値段は安いね♪
というわけで、今日の夕食はローストポークと一緒にオーブンで焼いた野菜
(ズッキーニとなす)
あぁぁ、写真とっとけばよかった;;

塩コショウをきつめにつけてオリーブオイルを入れたフライパンで軽く焼き目をつけて
あとは250度のオーブンで30~40分程度焼き、その後アルミホイルでお肉を包んで
安定させれば出来上がり。
肉汁とバターしょうゆでソースを作ったらOK。
とても簡単でした。

お肉を焼いた後の余熱のオーブンでパンを温め、焼きたて風の熱々パンでいただきました。
手のひらくらいの長さの牛乳パン10個あたためて、
5歳くん→4個
12歳くん→3個
旦那さん→2個
私→1個

5歳くんは、パンを牛乳などに浸しながら食べるのを覚えてしまってパンにはまりまくり。
確かに温めなおしたパンは周りがさくっとして大変おいしかったです。

やっとみつけた~♪

やっとスーパーみつけた・・・・

いままでスーパーだとおもってた店はコンビニみたいな個人商店だった(笑)

値段は1.5リットルの水ひとつをとっても安いので0.7ユーロから0.4ユーロまで・・・・(個人商店)
特にホテルの近くとか観光地の近くとかは高いです(泣)
最初まったくわからなくて、近くのお店に行ったら一番高い店だった。

今日見つけたスーパーは中型店舗。
ネットで検索した大型店舗に行こうとしていたら途中で見つけた。
日々のお買い物はこの中型店舗で十分!
思えば百貨店でフライパンなんか買ったりしてすごくもったいなかった。
(でもとても良い鍋とフライパンを買ったので値段は相応なんだけど(笑))

普通に使う鍋とか中型のスーパーで十分売ってました(泣)。
普段買っていた安いお水なんかは、0.29ユーロ。。。。
たかがという金額かもしれないけど長い目で見たらぜんぜん違うねぇ。

価格帯が読めませんorz。
日本みたいに横並びじゃないんだなというのだけは認識。
このスーパーを見つけたおかげでもうちょっと食事のバリエーションが増えそうです。

それにしても食料自給率122%・・・・やっぱり違うな~。

生存報告

ちょこちょこと、携帯端末などから、twitterやfacebookには出没しておりましたが、
先週くらいから、スマホを導入。
そして、昨日から平日昼間のみ仮でネットをつなげております。

こちらに到着してからいろいろとなんなん??って言うくらいありまして(笑)
まぁ、笑っていられる程度だし、こちらの人に聞くと「まぁ普通だよ!」と
軽く言われるほどですので、きっと大丈夫でしょう(笑)。

備忘録はおいおい書いていこうとおもっています。

今のところ線維筋痛症は、ぼちぼちと出てますが、それ以外の大きな病気もなく、
私がパリのなれない歩道で捻挫をしたくらいで(これも日常茶飯事)、あとは、
家のドアノブに激しく体当たりして腕が腫れたくらいです(←どんだけ??)

こちらの家は、かなり古い建物(こちらの人は旧建築といってました)で天井が高く
音がすごく反響します。コンクリート打ちっぱなしなので、上下横の音丸聞こえです(汗)
日本の建築はすごいな~といまさら関心します。
おまけに、ドアノブがぐらぐらでちょっと強く引っ張ると壊しそうでこわいです。

それでも、キッチン用品は大家さんがご自分が生活することを考えて電化をしていたようで、
電磁調理器、食器洗浄機などがついていました。
私が10年越しでほしいといっていた食器洗浄機ですが、いきなりこれの威力を見て、
旦那さんが、「日本に帰ったらつけよう!」といってくれました。
あぁ・・私の12年はなんだったんだよぉう;;。

12歳くんも、5歳くんもいろいろ考慮した結果現地校ではなく、日本人学校や、日本人幼稚園に
行くことになりました。
12歳くんにいたっては、朝7時15分には家を出て、地下鉄に乗りスクールバスに乗るという生活になりました。(これはスクールバス乗り場まで親も送らなくてはいけないので大変な労力です)
小学校に関しては親が送り迎えをするというのが現地校でも鉄則のようです。
もちろん、お仕事をしている親御さんには、シッターさんを頼むというのが普通だそうです。

幸いうちは、旦那さんが12歳くんを送ってくれます。
朝、6時前に起きてお弁当作った時点でかなりグロッキーなのは仕様みたいです(←私)
ここ1週間ほど米を鍋で炊いています。
意外とおいしくできてます。これは食い意地がなせる業かもしれません(旦那談)。

いっぱいネタはあるんだけど、それは日付にあわせて備忘録します(笑)。
意外と言葉伝わらないけど、お買い物もそこそこできるし生活できてます~♪
ただ、インターネットがないといろんな事で不便でした。
(どこに問い合わせてもインターネットないのか?と聞かれるので)

これから住む家へ。

朝は早めに目が覚めた。
ホテルでの朝食
・クロワッサン
・ちょっと固めのパン
・ゆで玉子
・ジャム、バター
・コーヒー、ジュース、ミルクなど

朝は少し肌寒かった。
パンはとてもおいしくて焼きたては外はかりっと、中はもっちり。
普段パンをあまり食べない12歳くんがよく食べた。
5歳くんは、クロワッサンをカフェオレに浸して食べてた。

その後はタクシーで家の引渡しのため移動。
11時から1時半まで家の引渡しの現状確認。
これは最初に借りた状態に戻すために大変重要な作業らしいです。
細かい人は家中の写真をとってそれと同じ状態にするらしいです。
要するに壊したところ、汚したところはちゃんと元に戻せよっていうことです。
日本でも普通そういうのはあるけど、レポートまでお互いに確認しながら作ってやるってのは
すごいな~とおもった。
大家さんが、変圧器や家電製品を少しおいていってくれていたのでだいぶ助かった。
(オーナーさんはイギリスに引越しをしていたため代行の方がお世話をしてくださった)。
しかし、家電製品の説明書はすべて英語かフランス語・・・・(たまにドイツ語)。
次の日にこれが大いに大変な作業になるわけで・・・・

やっと引渡しもおわった~ということで、外でご飯たべようかとうろついてみたが、
ここらのランチは大変高かった。
一人最低でも12ユーロ。これから生活をしなくてはいけないということと、
旦那さんがあまり現金をもっていなかったということもあってあえなく撃沈。
外食はまた今度ということに・・・

近くのコンビニみたいな個人商店で、パン、チーズ、コンビーフ、ハム、バター、チョコペースト、トマトを買って簡単にすました。
今日どうしても足らない掛け布団を買いに行く。
パリ市のバスに乗った。いろいろマナーがあるらしく、事前にそれに関する本を読んでおいてよかった。
バスは途中凱旋門を通った。凱旋門はすごい人だった。
日本語が通じる百貨店を紹介されて行ったんだけどすごかった・・・・
観光客がいっぱい過ぎて(笑)。
しかし旦那の様子がおかしいのでよく観察すると、見るものすべてを読んで理解しようとする。
これは脳みそいくつあっても足りないだろうな~と・・・・

夕食は近くの生鮮食品を売ってるスーパーがわからず、またコンビニみたいな店で缶詰を購入。
12歳がタイ米みたいな米を食べてみたいというので、ゆでて食べた。意外といけた(笑)。

5歳はパンにヌッテラ(チョコペースト)をつけたのがお気に入り。
彼はこれがあれば生きていけるらしい(笑)
ヌッテラというのは、チョコペーストにマカダミアナッツのペーストが混ざってるみたい。
たしかに香ばしくておいしかった。っていうか疲れてるから甘いものがほしいのかも(笑)

いざフランスへ。

最初のほうは忘れちゃうだろうと、メモに備忘録をしておいた。

朝から空港へ(7:00)
早めについたので、並ぶことなくすんなりとチェックできた。
旦那さんの荷物がひっかかり思い当たるものがないと・・・・
結局中身をほとんど出してわかったもの・・・・(金属製の耳かき)だった。
しかも、これは私が「入れるね~」と旦那さんに確認を取って入れたものだから
そりゃぁ、覚えてないわねぇ(汗。

ま、変なものじゃなくてよかった(笑)

次に12歳くんの荷物がひっかかる。
なんだろうとおもったら、学用品が手荷物に少し入れてあって、はさみがひっかかってしまった。
これは国際線には持ち込めないのであえなく没収・・・(泣)。
※はさみに関してはちゃんとトランクに入れておけばよかったとあとでこれが大変悲しい目にあうのは後日・・・・

韓国インチョン空港では、乗り換え待ち時間2時間あったけど、子どもたちはゲーム機や本などで、
時間をつぶしてあっという間に過ぎた。

ここまででおもったことは旦那さんは出張などで飛行機なれしているけど、子どもをつれて
移動するのは私のほうが多かったなぁと・・・。
なれない韓国語のアナウンスと英語を集中して聞き取らないといけない。大変疲れる。
っていうか、わかんない(笑)。
でも、たいていどの航空会社も小さい子どもをつれている親は優先的に入れてくれるという
アナウンスを出してくれるので、たぶんそうだろうと思い、カウンターに行ったらあたってた(マテ。

だいたい、小さい子づれの家族、ハンディキャップを持った方は搭乗時間の5分前くらいには優先してくれる。
旦那さんはこれを知らなかった・・・・(汗。

インチョンからの飛行機はとても寒かった。配られていた毛布ではたりず旦那さんは風邪引きかけた。結局私の毛布を渡したけど・・・
私と子どもの分は私が長袖等準備してあったので大丈夫だった。

しかし12時間のフライトはゲームしてても映画を見ててもなかなか過ぎない。
タティングしようとおもったけど、手元が暗すぎて見づらかった。
そういえば、映画の中に「テルマエロマエ」があった(笑)。
映画館でも見たけど、結局もう一回見ちゃった。
どうやら、日本と倫理関係が違うらしく、一部ぼかしてあったのが笑えた。

飛行機のチャイルドミール(5歳くん向けご飯)はとても豪華。大人より多いんじゃないの?って
位の量だった。
・サンドイッチ
・からあげ
・デザート3種
・おやつ(チョコレート菓子、スナック)
・ミートボールスパゲティ
・パン
・サラダ
結局食べきれなかったみたい。きっと好き嫌いを考えてどれを食べてもいいようになってるんだろうな。

飛行機の中では常に軽いスナック、飲み物が提供されいてた。
ワイン飲んだのは夕食にビーフシチューを選んだときだけで、あとは結局飲まなかった。(ぇ?)
12歳くんはおやつが配られている時間よく寝ていておやつをもらいそこねて、あとで気分が悪いと
大騒ぎに・・・・(結局低血糖になりかけてたので、持参したラムネを食べさせて復活)。
席順の関係で近くに私が座っていなかったのでケアが遅れてしまった・・・・。
その後夕食がでて、ものすごい勢いで食べる12歳。
結局夕食のプレートだけではたりず、インスタントラーメン(韓国の辛ラーメン)を食べてた。
飛行機の食事では足りないと聞いていたので、おやつもちゃんと用意していたのになぁ・・・。
食べ盛りにはぜんぜん足りないらしい。(普段大人の2人前くらい食べるから・・・)

空港には30分遅れで到着。
出国手続きの際に、係官のムッシュが携帯で電話しながらスタンプ押してた。
あとでみたら、さかさまに押してあった(笑)。
さすがフランス?なのだろうか(笑)

空港からホテルまでタクシーで渋滞にはまって予定より30分近く遅れた。
(すでにここで1時間以上の予定遅れ)。
高速の案内には事故って書いてあったorz。

タクシーを降りる際に、トラベラーズチェックを使おうとしたら、Non!といわれてしまい、
現金をあまり持っていなかった旦那さんがプチパニック。
結局はカードで支払いをしたので問題なかったんだけど・・・・。
どうやら、パリ市内ではあまりトラベラーズチェックを受け付けてくれないらしい
(みやげ物店は別)。
後日旦那さんはぷりぷりお怒りであった(笑)。

さて、夕飯を・・・・とおもったらもう夜10時。
子どもたちはその前に少しおやつを食べていたので、もう眠いって寝てしまった。
(そりゃそうだ。日本の時間だったらもう朝の3時っていう時間だもの)。
結局夕飯をゲットするために旦那は初めてのフランスの夜の街を現金をもたずにうろうろ・・・・
カードを使える店を探すのにものすごい時間がかかったらしい。
マクドナルドみつけた!って意気揚々と入ったらしいけど、ここでもカードは使えず。
私が結婚して以来はじめてすごい困ったどうしようという感じになっていた。
(後日これ以上の困ったが何度か続くことになるわけだけど)

しかし、パリの街は週末だということもあって、バーなどはとてもにぎやかだった。
きっと旦那と二人だったら、飲みに行きたいね~というところなんだろうけど、そうは行かず。

いやぁ、楽しかったけど疲れる移動でした。

2013年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちフランス生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはビーズタティングカフェです。

次のカテゴリはレシピです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.22-ja